スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

Category : 双子育児(3歳~)
ご存知の方もいるかと思いますが
闘病していた父が18日に他界しました。
こういう日が来ることは覚悟していたものの、まだ先だと思っていました。
去年の11月に体調不良から検査を受けて発覚した癌。
末期と診断され、余命1年と宣告されてから11ヶ月。
本当に本当につらい治療、闘病生活でした。
本当に本当に頑張ってくれました。
まだ実感はありません。
実家にいると、ひょこっと「来てたんか~!」と帰ってきそうです。
いろんなことを思い出しては、涙してしまいますが、日常はやってきます。
きっと父は「メソメソするな」と言うと思うから・・・頑張ります。
心配してメールをくださった方、鍵コメしてくれた方、ありがとうございました。

父との最後のことは、かなり長くなるので、READ MORE にて
父は『未分化癌』という20万人に1人という確率の稀な癌で、副鼻腔の中の篩骨洞癌でした。
驚くべきスピードで進行する癌で、見つかった時には末期、左目の神経が侵され失明してしまっていました。
父は4回の抗癌剤投与に耐え、放射線を受けて頑張りました。
その頑張りのおかげで、目の腫れも引き、痛みも治まり、転移も認められず退院できました。
喉に極初期の癌もあることがわかり、こちらは放射線のみで大丈夫とのことで、放射線治療も毎日通いました。
みんなホッと胸をなでおろしていました。

その矢先、父の首の左部分に瘤が出来ていました。
頸部リンパ節への転移でした。
告げられたのは、「効くかどうかわからないが延命治療として抗癌剤治療を受けるか、受けずに残りの時間を過ごすか」の選択でした。
喉の初期癌の治療で、喉にめいっぱい放射線をあててしまっていたため、放射線治療は不可能になってしまっていました。
その後、肺や胃、内臓にも小さな癌が無数に転移していることもわかりました。
父は、抗癌剤治療を再度受けることを選びました。
ひどい副作用でも頑張りましたが、結果は効果なしでした。
そして、担当医から告げられたのは「退院」でした。
担当医いわく、治療をしない(できない)患者のためのベッドはないと。
大阪で有名な癌専門病院、治療を待っている患者は山のようにいるからと。
その後、ホスピスもいろいろ探して打診しましたが、症状を聞かれ断られました。

そして、私たち家族が選んだのは、在宅介護でした。
体力がなくなっていき、亡くなる2週間くらい前には、横になっている時間がほとんどでした。
それでも、話しかけると、小さな声で返事したり、冗談も言ったりしていました。

16日の夕方、医師から「2~3日になると思います」と告げられました。
呼びかけても、目をあけることも反応することも、ほとんどなくなっていました。
明け方に、母が体温を測ると39℃近く上がっていたそうです。
喉が渇いているだろうからと、小さな氷のかけらを口に入れてあげたところ(水を飲むことも出来なかったので)、手を少し上げてくれたのです。
みんなで何度も、「パパ、聞こえる?氷おいしい?」と大声で呼びかけると、また、手を上げてくれました。
喉をゴクリと鳴らして、口の中で氷の溶けたのを飲みました。
もう1個あげると、また手を、腕を上げてくれました。
母が泣きながら「ビールを飲ませてあげたい」とスプーンでビールをすくって2口ほど口の中へ入れてあげました。
父が笑いました。
確かに、口元が笑ったように見えました。
妹も笑ったと思ったそうです。
父は、ぐっと手を上げてくれました。
目をあけることも話すことも出来ませんでしたが、最後に戻ってきてくれました。
最後の力を振り絞って・・・。

朝になって、医師が再訪問してくださり、最後の時が来ていることを告げられました。
それから2時間ほどして、父の呼吸が浅くなり始めました。
間隔があき始めました。
そして、眠るように息が止まりました。
みんなで「お疲れ様でした、本当に頑張ったもんね、ありがとう」と何度も父に伝えました。
妹が死亡確認をし、在宅医療の担当医師に電話して、きていただくお願いをしました。
来られるまでの間に、私と妹で死に化粧をすることにしました。
髭を剃ってあげて、瞼をしっかり閉じ、顎を少し上げるように口を閉じるように、父の顔を両手で包み込むようにささえ続けました。
そして、父をお風呂に入れてあげました。
父を抱えて入れるのに、私と母と妹、そして父の親友が手伝ってくれました。
仕事人間だった父は、最期まで仕事に行きたいと言っていたので背広を死に装束にしました。
(浄土真宗で、死に装束に決まりがなかったので)
顔も、しっかり保湿してあげ、おしろいをし、顔色がよく見えるように、軽くチーク、口紅をいれました。
まだ生きているように見えるくらい。
父の親友が「痩せたけど、病気になる前のいい顔に戻ったな」と褒めてくれました。
身体は病気になる前からすると30kg近く痩せてしまっていたけど・・・。
それから先生が来てくれて、死亡再確認、診断書をくださいました。
先生は父に「よかったね、みんなに見守られて、頑張ったね、お疲れ様でした」と声をかけてくださいました。

その後、父の訃報を知った、会社の方が駆けつけてくださいました。
みなさん、泣いて残念がってくださり、その姿を見たオットさんが「こんなに泣いてくれる人がいてるって、お父さんすごいな」と。
社長まで駆けつけてくださり、葬儀には社旗を出してくださり、多くの弔電もいただきました。
その中で、父との仕事の思い出を、信頼していたことを、手紙のように書き綴ってくださった方がいて、家族全員が感動しました。
一生懸命仕事をしていた父の姿が見えた気がしました。
通夜、告別式ともに、200人近く来てくださり、本当に有り難かったです。

双子は、『死』を理解はしていないと思います。
でも、オットさんが何度も、もう会えないことを話してくれ、「お星さまになってん。空からサリのことも、ハルのことも見てくれてるで」と何度も言ってくれていました。
なので、それ以来、毎晩、空を見上げて星を探し、「あ!お星さま!じいじやね」と言って「じいじ~」と話しかけています。
3歳になったばかりで、父のことが記憶に残るかどうかは難しいところですが・・・。
たくさんたくさん、可愛がってもらったことを話してあげたいと思います。

長い長い話に、最後までお付き合いくださりありがとうございました。
また元気いっぱい、双子とともに頑張りますので、お付き合いくださいますようお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No subject

実月ちゃん、、、、、大丈夫ですか?
がんばったね。。お父さんも、ご家族も、、実月ちゃんも。
心からお悔みいたします。。

家族で最期を看取れて、よかったね。
お父さんも幸せだったね。
きっといくつになっても、死を受け止めるのは難しいもの・・。
身近な人なら、なおさら。。
親はいつまでも元気だと思ってる自分もいたりして・・。

今は、ゆっくりと・・ね。
お父さんは、いつまでもココロの中に生き続けるよ。。
いつもよりもっと近くにいる・・。。

ワタシが翔・空をお空に帰したときに、救われてサイト・・
よかったら覗いてみてね。。。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.swf

Res

■鍵コメ1~8の皆様
心温まるコメントをありがとうございました。
こちらでのお返事は控えて、改めてblogにお邪魔させてメッセージさせていただきますね。
本当にありがとうございました。

■atsuちゃんへ
不思議なもので、まさかこんなに早く父を亡くすと思ってませんでした。
ずっとずっと先の未来まで想像してました。
今でも、正直なところ受け止められていない気がします。
日常はやってくるので過ごしていますが、ふとした時に父がいたら・・・と思ったり、思い出したり・・・。
でも、病気がわかった時に何度も「寿命やと思わなしゃーない」と自分に言い聞かせていた父を思うと、私がメソメソしてられないと言い聞かせています。
死の恐怖と戦いながら、私たちには不安な姿は一切見せずに逝ってくれたのだからと私も強くなろうと思っています。
本当にありがとう。

Res → いくこさま

blogへお邪魔してコメントさせていただいたのですが、なぜか禁止キーワードが含まれますとエラーになってしまい・・・。
いろいろ試したのですが、ダメだったので、こちらでお礼を書かせてもらいました。
お悔やみのコメントありがとうございました。
元気に頑張る姿を見せるのが一番ですよね。
お互いに頑張りましょうね。
非公開コメント

  

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author: 実月


   ↓↓↓ 登場人物の紹介 ↓↓↓


 双子ハハ=実月
 blog管理人
 ミソジのワーキングマザー
        寝言もハッキリ喋ります

 双子姉=サリ
 出生体重1935g
 お喋り大好き・歌うの大好き
        好奇心旺盛な甘えん坊チャン

 双子弟=ハル
 出生体重2255g
 食欲旺盛・オレ様全開
        ビビリで内弁慶な甘えん坊チャン

 双子チチ=オットさん
 お腹のお肉を何とかせねば?!
 メタボリック症候群?
        睡眠時無呼吸で治療中


   ↓↓↓ リンクについて ↓↓↓

 リンクフリーにて運営中
 貼ったら一言いただけるとウレシイです
 こちらからもお伺いいたしますデス

いくつになったの

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク + 仲良しblog

検索フォーム

メールはコチラから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。